バブルボールのご購入

バブルボールの購入をご検討の方

PVC バブルボール

ポリ塩化ビニルで作られたバブルボールです。単発のイベントには安価でお求めやすいです。

カラーバリエーション 赤・青・黄・クリアレッド・クリアブルーなど

大人用バブル 1.5m(重さ12kg)

子供用バブル 1.2m(重さ9kg)

 

 
バブルボール新大阪 横並び
PVCバブルボール(透明)を並べるとこんな感じです。

 

 

01-1
セットで買っていただくと、バブルボール用空気入れをプレゼント。空気入れ・空気抜きが出来ます。

 

 

 

TPU バブルボール

熱可塑性ウレタンでできたバブルボールです。PVCに比べ頑丈で長持ちします。イベント業者様、地方自治体などでご購入を検討されている方は、

長く使えるこちらをお勧めします。

カラーバリエーション 赤・青・黄・クリアレッド・クリアブルーなど

大人用 1.5m(重さ11kg)

子供用 1.2m(重さ8kg)

 

 

20150928_015752044_iOS

PVCに比べ、すこし黄色がかっているのがTPUの特徴です。

 

 

 

20160203_043913871_iOS

荷姿(585×380×500)に2つ入っています。

 

 

 

 

 

オプションサービス

ロゴ入れ(単色・背景透明)

20160629_153357000_iOS 20160629_153400000_iOS 20160629_153355000_iOS

 

20160319_064129651_iOS

 

 

 

広告用ロゴ(フルカラー・背景白)

 

 

20160628_132528000_iOS 20160628_132522000_iOS

 

★AI・JPGデータを送っていただくだけで、バブルボールに適したサイズに編集させて頂きます。

 

 

 

 

 

おさるの森では、他にもオーダーメイドバブルボールの販売を行っています。

また、特殊印刷のデザインバブルボールなどにも挑戦しております。

少し変わったバブルボールを作ってみたいというご要望にもお答えできます。

 

世界では、バブルボールは今あらゆるバリエーションが出てきています。

そんな中で、お客様一人ひとりが求めるバブルボールを製造できるのが、おさるの森!!

 

 

20160518_084140000_iOS

 

 

 

 

バブルボールってどのように製造されるの?

 

①カッティング

まずは、PVCまたはTPUのロールを裁断機を使いカッティングしていきます。

この時、重要なのが、しわが入らないように両サイドから引っ張っておくことです。

空気製品の為、一つのミスで空気が漏れてしまう問題が起こりますので、この最初の作業の精度が大切になってきます。

 

 

20150311_024146024_iOS
この上で、生地をデータサイズにカッティングします。

 

 

②カッティングの確認

カッティングを終えたら、次は、生地が綺麗に切れているかの確認です。

バブルボールは外面が8面で出来ています。つまり、最大で8つロゴを入れることが出来ます。

 

 

20160114_031051000_iOS
今回は徳島のあわ遊クラブ様のバブルボールの生地です。

 

 

③ウェルダー加工

次は、ビニール加工の代名詞、ウェルダー加工を行います。これがウェルダー加工機です。高周波ウェルダー機は、上下の機械が振動し、

素材同士を摩擦熱で溶着していきます。

最後のつなぎ部分は、両サイドから引っ張り合って加工していきます。写真はまた更新します。

 

 

20150311_060606564_iOS
ウェルダー加工機、熱で素材と素材を溶着します。

 

④1日置いて、不良がないか確認

加工したバブルボールは、倉庫の中で一日膨らまして置いておきます。そこで、しぼみがないかを確認します。

 

 

20150910_021950000_iOS

 

 

⑤完成後箱詰め

20160203_043913871_iOS

 

 

⑥発送

20160205_085009377_iOS

 

このような工程を経て、お客様のもとに当社のバブルボールが届きます。

 

この生産体制の確立によって,

2015年に設立したおさるの森ですが、イベント会社、バブルボールレンタル会社、広告代理店などに愛され、

全国で述べ300個以上のバブルボールを生産させていただいております。